1

石黒隆康

小野育代

2

3

根來宏典

4

半田雅俊

5

古川泰司

6

松澤静男

7

松原正明

根來宏典 (ねごろひろのり) / 根來宏典建築研究所

●住宅の設計で大切にしていること

住宅らしくない住宅ができればよいと思っています。

世界にひとつ、自分たちにピッタリの家づくりを始めませんか。

​ホームページ:根來宏典建築研究所

ブログ:「ネゴログ」

※写真をクリックすると拡大表示でご覧いただけます。

土間の広がる家

根來宏典ー土間の広がる家
根來宏典ー土間の広がる家
根來宏典ー土間の広がる家

「土間、軒下、庭が一体となった平屋の住宅」

土間を中心に「みんなの居場所(LDK)」と「個の居場所(個室群)」をL型に配置。LDK、土間、軒下、庭が一体となった空間構成です。石畳のアプローチに導かれ、玄関を入ると奥行きのある土間が伸び、 外部空間である軒下に土間が広がり、 離れのように配置された個室群の前にも土間が折れ曲がって広がっています。土間に置かれた「オーブンとコンロ付きの薪ストーブ」は、「アイランドキッチン」とともに家族の中心的存在。両方でそれぞれの特徴を活かした料理を楽しみながら、ダイニングで、土間で、軒下で、お庭で、、、生活の楽しみが広がる住宅です。

軒の出は、2メートル。大きな開口部とともに、垂木が室内から室外に連続して跳ね出しているので、内外の空間に一体感が生まれ、より大きく、より伸びやかな感じがします。夏場の日よけ対策にもなっており、風通しも良い住宅なので、エアコンを殆ど使わない生活を送っています。

焼杉に包まれた優しい木の家

根來宏典ー焼杉に包まれた優しい木の家
根來宏典ー焼杉に包まれた優しい木の家
根來宏典ー焼杉に包まれた優しい木の家
根來宏典ー焼杉に包まれた優しい木の家

「吹抜や中庭を内包した明るく風通しの良い都市型住宅」

ご夫婦二人のための都市型住宅です。プライバシーを確保しつつ、内部は吹抜や中庭を内包し、明るく風通しの良い住宅となっています。1階には4.5畳の土間、玄関収納を兼ねた内玄関、小上がりの畳スペース、書斎。拘りのキッチンは業務用で、幅3メートルのアイランドと壁付きの二列型。2階には坪庭に面した在来工法の浴室、吹抜や中庭を内包した寝室。27坪とコンパクトな計画でありながら、多様性に富んだ空間構成となっております。

良質な国産木材に拘り、構造材は宮崎産の飫肥杉。フローリングも同じく飫肥杉で、厚さ30mmの無垢、幅220mmの幅広、長さ4mもあるので迫力があります。床や天井には構造用合板を使わず、水平構面も確保できる信州産カラマツの3層パネル。外壁もこれらのコンセプトに合わせて愛媛産の焼杉を採用しています。こだわり所が満載で、大工さん、職人さんたちの手づくりの痕跡が詰まった住宅です。

縁の繋がる家

根來宏典ー縁の繋がる家
根來宏典ー縁の繋がる家
根來宏典ー縁の繋がる家

「長さ25メートルの縁側が家族を繋ぐ二世帯住宅」

両親2人、夫婦2人+子供3人が暮らす二世帯住宅。大きな特徴としては、縁側が長いこと。両世帯のLDKや和室を外部空間で繋いでいます。外壁の黒い板張りと、飴色をした軒天とのコントラストが美しく、雁行しながら奥へ奥へと繋がっており、その全長は25メートルもあります。

玄関は共有し、荷物の多い子世帯には玄関クロークを兼ねた5帖の内玄関を設けています。ロフト空間は16帖あり、吹抜を介して下の子供部屋と繋がっていたり、両世帯が大きなロフトを共有できるように階段は2か所とし、世帯間で回遊できる構成。子世帯には7.5帖の吹抜があり、それに面して長さ3.5mのファミリーデスクがあります。そこから見る景色は、室内に薪ストーブが鎮座、大きな窓の向こうには、祖父母が住む瓦屋根の実家が臨めます。板張り天井、焼竹網代天井、江戸から紙、深岩石、手づくりタイル、花ブロックといった素材をはじめ、こだわり所が満載の住宅です。

Copyright (c) 2019 NPO Iezukurinokai Association All Rights Reserved.

  • キノイエセブン Facebook